この記事を読んでいる人は、消費者金融を利用している人がほとんどだと思いますが、金利についてどのくらい知っているでしょうか?金利というのはお金を借りた人が、借りた金額そのものとは別に返済しないといけない利率の事です。

融資率最大!安心安全の審査激甘低金利金融業者です!ブラックや多重債務者の方でも即日融資可能で最短10分で審査から振込までOK。来店不要でインターネットから申込みできるから振込までの時間も短く24時間対応してくれます。

独自の最低基準審査により通常の金融機関では借り入れができない方でも融資可能!金利も低く来店不要&保証人不要で融資してもらえるうれしい金融業者です。

消費者金融の金利を知ろう

この記事を読んでいる人は、消費者金融を利用している人がほとんどだと思いますが、金利についてどのくらい知っているでしょうか?金利というのはお金を借りた人が、借りた金額そのものとは別に返済しないといけない利率の事です。

その金額の事を利息と言います。銀行や消費者金融はこの利息で売り上げをあげて、利益にしているのです。この両者を比べてみても銀行の方が利息は低いとは言われているのですが、実際の所消費者金融の金利はいったいどのくらいなのでしょうか?

今自分が借り入れている金額を見ながらいったいどのくらい返済しないといけないのか、考えながら読んでみてください!

借入金額で金利が違う?

最初に日本で決められている、消費者金融の金利の相場を見ていきましょう。今までの消費者金融の金利はかなりあいまいな設定で、ブラックでもホワイトでもないかなり「グレー」な設定で消費者金融に有利な設定となっていました。

その事で様々なトラブルが発生し、裁判になる事もしょっちゅうでした。そんな中、裁判所の判決などで法整備が進んできて、とても利用しやすい物に変わってきたのです。今日本の法律を見てみると、利息制限法では消費者金融の金利の上限は20%と決められています。

この20%というのは借りる金額で変わってきます。10万円未満だと20%、10万円~100万円であれば18%、そして1000万円以上であれば15%が上限と決められているのです。借りる金額が大きければ大きいほど、金利は低くなっていきます。

消費者金融を利用している人達の多くが、大体10万円から100万円と言われているので、18%の金利が適用される人が多いのが今の日本の現状です。この20%以上の金利設定をしているのは、言わずもがな違法業者です。

俗に言う「闇金」です。「ソフト闇金」というよく分からない業者も存在しますが、これも闇金です。闇金やソフト闇金などの悪徳違法業者は絶対に利用しないようにしましょう!

金利の設定は?

現在、テレビCMなどを行っている大手の消費者金融から地元密着型の小さい物まで沢山の消費者金融があります。その沢山ある消費者金融ですが金利設定はどのようになっているのでしょうか?とある大手3社を見てみました。

A社3.0%~18%、B社4.5~17.8%、C社3.0%~18%となっています。この3社を見てみても、大体同じくらいの設定になっている感じがしますね。100万円未満の借入であれば、大体18%の金利になっていると考えて間違いないでしょう。普通は借入れた時の金額に応じたものになっているのですが、返済をしていくうちに金利を下げてくれるケースもある事もあります。

上限金利と下限金利

先ほども言った通り、消費者金融の金利の表記には「3.0%~18%」というような書き方をしているところがほとんどです。こうやって見ていると3.0%で借りた方が支払う利息が少なくていい!と思うかも知れません。

もしくは3.0%とまではいかなくても、せめて10%くらいにとどめておいてほしい、と思うのが普通だと思います。しかし金利というものは借入額が大きければ大きくなるほど低くなっていき、支払う利息は少なくなっていきます。

とある消費師や金融をみてみると、1万円から99万円の借入で8.0%~18.0%、100万円から300万円の借入で8.0%~15.0%、301万円から500万円の借入で4.8%~7.7%、501万円から800万円の借入で3.0%~4.8%というような設定になっていました。

消費者金融では総量規制という制度があり、年収の1/3以上の借入は出来ないことになっています。年利3.0%で借りるには年収1500万円でないと借りる事が出来ないのです。そもそも年収1500万円もある人は、消費者金融からお金を借りる事ってあまりないですよね。なので自分が借りる時は大体18.0%%だと思っておいた方がいいでしょう。

無利息期間を利用しよう!

消費者金融の中には、無利息期間というものを設けているところがあります。これはどういう事かというと、この期間内に返済を行なえば利息を払わなくてもいいという事です。ただしこれには全額返済を行うという条件が付いていることがほとんどです。

この制度を利用すると、元金以外の無駄なお金を支払わずに済みます。しかしながらこの無利息期間には注意しなければならないことが2つあります。1つ目は初めて利用する人限定という事が多いという事です。

以前にその消費者金融を利用したことがある人は、無利息期間の返済ができないと決めている消費者金融が多いです。無利息期間を利用するには、他の新しいところへ申し込みをしないといけません。2つ目は無利息期間のスタート日が異なるという事です。

無利息期間は30日と設定しているところが多いです。しかしそのスタート日が違う場合が多く、「契約日がスタート」なのか「利用初日がスタート」など消費者金融によって変わってきます。なので事前にきちんと調べておかなければなりません。

もし余裕をもって無利息期間を活用して返済したい人は、「利用初日がスタート」の所を選んだ方が良いでしょう。

利息を計算してみよう

自分が実際に借り入れを行っている場合、金利は分かるけどいったいどのくらい利息が発生しているのかわからない!あとどのくらい支払えばいいの?という人結構多いと思います。私も以前そうでした。

借入額と金利は解っているのですが、実際の利息は分かりませんでした。例えば金利18%で100万円を借入れたとして利息を計算すると、100万円×18%で18万円。なので1年で18万円の利息を支払う事になる、と考えるのが一般的かもしれません。

しかし返済していくと元金が少なくなってきます。例えば毎月の元金の返済額を3万円と設定したとします。この時初回の返済額は、100万円×18%=18万円。これを12カ月で割ると1万5千円。つまり初回の返済額は元金3万円+利息1万5千円で合計4万5千円となるのです。

しかし翌月になると元金が3万円減っています。なので金利は97万円×18%=17万4600円となりこれを12カ月で割ると、14,550円となり返済額は元金3万円+利息14,550円で合計44,550円となります。

なので、返済を進めていけば進めていくほど、毎月の利息は減っていき返済は楽になっていくのです。もし早めに利息を少なくしたいなと思われるのであれば、返済に余裕がある時は多めに返済するという事を心掛けてみましょう!

最後に

お金を借入れた時に発生する利息について意外に知らない人が多いです。詳しく知っていると今後支払いを円滑に進めていく事も出来るので、しっかり消費者金融の金と利息について学んで、今後の返済に役立てていってください!

最近の投稿

メニュー

アーカイブ

カテゴリー

運営者情報

私の作成しましたサイトをご覧いただきありがとうございます。

運営者の田中聡と申します。

今流行りのソフト闇金や法律完全無視の危ない金融の情報などをまとめたサイトです。

私自身過去にそういった金融に騙されて首が回らなくなったことがありますのでその経験をもとに私のようにならないよう他に被害者が出ないようにと作成したサイトです。

プロフィール詳細

ページ上部へ