消費者金融でお金を借りていて、「返済を忘れてしまっていた」「今回はお金を返すのが間に合わないかもしれない」といった状況になることも多いと思います。返済が遅れてしまうと、その後の借り入れができなくなったり、取り立ての人が家に来て大騒ぎされるかもしれないと心配になりますよね。

融資率最大!安心安全の審査激甘低金利金融業者です!ブラックや多重債務者の方でも即日融資可能で最短10分で審査から振込までOK。来店不要でインターネットから申込みできるから振込までの時間も短く24時間対応してくれます。

消費者金融でお金を借りていて、「返済を忘れてしまっていた」「今回はお金を返すのが間に合わないかもしれない」といった状況になることも多いと思います。返済が遅れてしまうと、その後の借り入れができなくなったり、取り立ての人が家に来て大騒ぎされるかもしれないと心配になりますよね。

ここでは、消費者金融の返済が遅れてしまった時や、難しくなった時の対処法について紹介しておこうと思います。

返済遅れになると督促の電話連絡がある

最初の返済日の翌日に、お金を借りる際に登録した連絡先に督促の電話連絡があります。でも借主に対し乱暴な言葉を使ったり、大きな声で脅したりすることはありません。「昨日は返済日でしたが、どうされましたか?」「うっかりお忘れになってらっしゃいませんか?」という丁寧な口調で対応されます。

その時にこの電話で「いつまでに入金できるか」を間違いなく確認されます。約2週間以内に返すことを約束すれば、この電話連絡だけで話は済んでそれ以降督促の電話はかかってきません。なお「希望連絡先」の電話が繋がらない時には、自宅や勤務先にも連絡がかかってきてしまいます。

消費者金融からの電話はなるべく出るようにして、出られない場合は一旦保留にして直ぐにかけなおすことをお勧めします。催促の電話を無視していると、消費者金融会社からの印象が悪くなってしまい、この後の督促が厳しくなってしまいます。

自宅に督促状が届く

催促の電話を無視したり、電話で約束した日までに入金がない場合、自宅に督促状が届きます。督促状には、返済額と遅延損害金を指定の期日までにお願いしますという内容が掛かれています。

全ての業者ではないですが、督促状に応じない場合は、自宅を訪ねてくる事もあります。闇金・ソフト闇金のような悪徳業者でない限り、今すぐ返せと怒鳴ったりしてくることはありません。

借主の現状を確認して返済が厳しいのであれば毎月の返済額を減額するといった、交渉を行うことが目的になります。取り立てには厳しいルールがあり、自宅のドアを激しく叩いたり、大声を出したりといったことは一切ありません。でも自宅まで来られるのは、あまり良い事ではありませんよね。

事故情報が登録される

約2~3ヶ月以上の滞納をしてしまった場合、個人信用情報機関に「長期延滞」という事故情報が登録されてしまいます。この事故情報が登録されると約5年は住宅ローンの借り入れが出来なかったり、クレジットカードを発行する事が出来なくなったり、今後の生活に大きなデメリットが生じてしまいます。

裁判所から支払い督促が来る

それでも返済がなされない場合最終的に、消費者金融は簡易裁判所に「支払督促」を申し立てる事になります。この申し立てが裁判所から借主に送られてくるのです。

そして、借主が異議を申し立てないと、強制執行という形を取られ、給与や財産を差し押さえられるという事になるのです。お金の貸借の問題は、民事上のトラブルなので刑事罰を受けたり逮捕されたりという事はありません。

しかし時効を待って借金を踏み倒すことはできないので無視し続けることのないようにしましょう。

どうしても消費者金融の返済が遅れそうな時は

どうしても返済が遅れてしまいそうなときは、消費者金融に「お金を返すのが厳しい」ことを相談しましょう。そうすれば、督促の連絡はきませんし消費者金融からの信用を失う事はありません。

逆にこうした相談をすることなく同じことを繰り返していると消費者金融からの印象は悪くなっていきます。期日には間に合わないけど返済が出来るのであれば、消費者金融と相談して新たな期日を決めてもらいましょう。

当初の期日から返済が遅れるので遅延損害金が掛かってしまいますが悪い印象を与える事はありません。また、元金を返す事は出来ないけど金利だけは支払う事が出来そうな場合は、利息だけ返す事をお願いしてみましょう。

この場合には延滞扱いにはならないので遅延損害金は発生しません。ただし、利息だけの支払いを認めるかはどうかは消費者金融によるのでできないこともありますまたこの方法は、元金が減らないので支払利息が増えてしまいます。トータル額は増えるので注意しましょう。

返済プランを練り直す

消費者金融に連絡を入れてから具体的に返済プランを練り直すことはとても重要です。最初に自分の収入と支出を見直してみましょう。借入先が何社かある場合には、すべてを洗い出し、借入額と月々の利息の総額を確認するようにしましょう。

毎月の返済可能額は、収入から生活費を差し引くと出てきます。月々返さなければならない金額と、返済可能額を比較しながら、可能な返済プランを立てていく事が大事です。または専門家に相談したり 債務整理を検討してみるのもいいかも知れません。

債務整理は他にも自己破産などもありますが先ほど話した事故情報が信用情報機関に登録されてしまうので、慎重に検討する事が必要です。

最近の投稿

メニュー

アーカイブ

カテゴリー

運営者情報

私の作成しましたサイトをご覧いただきありがとうございます。

運営者の田中聡と申します。

今流行りのソフト闇金や法律完全無視の危ない金融の情報などをまとめたサイトです。

私自身過去にそういった金融に騙されて首が回らなくなったことがありますのでその経験をもとに私のようにならないよう他に被害者が出ないようにと作成したサイトです。

プロフィール詳細

ページ上部へ